総量規制対象外のキャッシングとは?

総量規制対象外のキャッシングとは?

 

総量規制の対象外でキャッシングはどうなるのでしょうか?

消費者金融や信販会社のカードローンには、年収の3分の1以上の貸付ができないという総量規制という融資制限があります。
しかし、この融資制限は貸金業法の規制なので、貸金業法の規制を受けない銀行やJA、ろうきんなどはこれらの規制の対象外となります。これらの金融機関は、独自に業法があるのです。

貸金業法の規制を受けないこれらの金融機関でもカードローンを取り扱っていますから、このようなカードローンは年収の3分の1という制限を受けることはありません。ネット銀行等は大々的に「総量規制対象外」として宣伝していることがあります。

 

また、総量規制の内容は個人向けのローンなので、事業用ローンについては対象外となっています。最近は銀行で融資を受けることが難しい個人事業主を対象にしたビジネスローンが多くなっていますが、中にはカードローン形式のローン商品もあるのです。

 

消費者金融では「総量規制対象外」としておまとめローンを提供していることが多くなりましたが、おまとめローンは追加借り入れができないので、キャッシングとして使うことはできません。総量規制対象外とする代わりに追加貸付ができないようになっているのです。

キャッシングというとクレジットカードのキャッシングサービスを思い浮べる人も多いでしょう。この場合はどうなのでしょうか。

クレジットカードを発行しているのは信販会社です。最近は銀行が発行しているケースもありますが、銀行業務として発行しているのではなく、傘下の信販会社が発行しているのです。先ほど述べた通り信販会社も総量規制の対象なので、対象外とはなりません。

 

つまり総量規制対象外のキャッングを狙うなら、銀行やJAなどのようなカードローンを探すことになるのです。