総量規制対象外のカードローンと総量規制の対象となる借入・ならない借入

総量規制対象外のカードローンと総量規制の対象となる借入・ならない借入

 
まず総量規制という融資制限が何を対象にしているかを確認しておきましょう。

総量規制が対象にしている融資は、無担保貸付です。そして、それはこれから借入をしようとする消費者金融だけではなく、他の金融機関における無担保融資がすべて含まれてしまいます。

 

また、総量規制は貸金業法の話なので、消費者金融や信販会社が対象ですが、銀行などは対象外です。

 

このことを理解したうえで、総量規制対象外のカードローンを考えてみると、まず銀行系カードローンが挙げられます。銀行に限らず、最近は信用金庫や労金、農協などもカードローンを取り扱っています。これらの金融機関で取り扱うカードローンはすべて総量規制対象外です。

 

また、消費者金融でも巷で言われる「おまとめローン」は総量規制対象外となっています。おまとめローンは、多重債務者の救済を目的とするローンなので、貸金業法の規制対象外としているのです。

 

続いて、どのような借入が総量規制の対象になるのか考えてみましょう。

総量規制のターゲットは、貸金業法が対象とする消費者金融や信販会社の無担保融資です。そのため、信販会社が取り扱っているショッピングローンは対象になります。

 

これに対し、同じ信販会社が取り扱っているローンであってもディーラーのマイカーローンは対象外です。これは、ディーラー取り扱いのマイカーローンは車検証に所有権留保の記載をすることで担保化しているのです。そのため、総量規制の対象とならない借入になります。

 

また、最近信販会社が企画している事業用のカードローンは総量規制の対象になりません。あくまで総量規制の対象になるのは個人の生活資金を目的とする貸付に限定されているためです。