カードローンで総量規制対象外のおすすめの金融は?

カードローンで総量規制対象外のおすすめの金融は?

 
カードローンで総量規制対象外のおすすめの金融はどこでしょうか?
消費者金融でお金を借りると総量規制の壁が立ちはだかります。お金を借りようとしても年収が少ないと借りることができないため、大手消費者金融の成約率を半分以下と低レベルのものにしている一つの要因です。

 

しかし、カードローンでも総量規制対象外の金融機関があります。総量規制は貸金業法の融資規制なので、貸金業法の影響を受けない銀行などで借りればいいのです。

 

銀行系カードローンは消費者金融に比べて審査スピードが遅いのではないかと思われている人も多いようですが、三井住友銀行カードローンのように口座を持っていない人でも30分程度で審査を終え、ローンカードを発行できるケースがあります。

 

メガバンクの中には、大手消費者金融を傘下に置いているケースが多く、カードローンは傘下の消費者金融に依頼していることがほとんどです。ちなみに三井住友銀行カードローンのケースはプロミスが審査をしています。

 

また、銀行系カードローンは一般的に収入の半分を融資条件としているケースが多いようです。審査基準を公表している銀行はないものの、融資上限基準を表示している銀行はたまにあります。そのような基準を見ると、ほぼすべて年収の半分と表示されています。

 

また、銀行に限らず最近はろうきんやJAなどもカードローン業務を始めているケースがあります。消費者金融のようなスピーディーさは望めませんが、「地域密着」を旗印としているこれらの金融機関は、取引量が多ければ審査はスムーズに進むことが多いです。

 

自営業の方であれば、ビジネスローンもお勧めです。総量規制は個人向け貸付を対象としているため、消費者金融であっても事業用のカードローンであれば総量規制の対象外なのです。