総量規制対象外で審査の厳しくない借りれる金融は?

総量規制対象外で審査の厳しくない借りれる金融は?

 
審査が甘い金融機関はあり得ないと考えていただいたほうがいいです。
ですが、融通を効かせてくれる金融機関は存在します。金融機関は今までの取引が多く、取引履歴も長い顧客であれば貸倒の心配は少ないと判断してくれるのです。

金融機関にとって、このような「優良顧客」は、万が一貸金の返済が滞ってもアプローチしやすいので対応が取りやすいです。一見客だとこのような融通を効かせることはできませんが、取引が長い顧客であれば審査に使用できる資料も多く、審査を通しやすいのです。

 

総量規制という枠がない金融機関として銀行を挙げることができます。総量規制対象外なので、年収の3分の1という硬直的な制限がない点が魅力です。JAや労金なども同様です。

 

また、銀行などは消費者金融などと違って取扱商品がローンだけではなく、預金もあります。特に給与振込をしている銀行であれば、返済資金が毎月振り込まれますから、返済資金の確保という観点でも非常に好ましい顧客だと言えるのです。

 

このような観点から考えると、自分が長年付き合ってきた銀行などは一番審査が甘いという事ができそうです。

実際に審査が厳しいと言われる銀行系カードローンで、審査では一番不利だと言われる派遣の仕事をしている人が審査に通っている事例は少なくないようです。

 

派遣の仕事をしている人は収入の確実性がないと言われていますが、その収入が給与振込口座として自分の銀行を指定していれば、収入の確実性を担保することができます。また、過去の入金状況からある程度収入の確実性と金額の目途も付きます。

 

総量規制対象外の金融機関で一番審査が甘くなると考えられる金融機関は、案外身近なところにあるものなのです。